おへその周りを脱毛しようとしたら切れた

おへその周りを脱毛しようとしたら切れた

おへその周りを脱毛しようとしたら切れた

私は脱毛エステサロンなどに通うような人間ではありませんでした。
ですので、1週間のうちに2度、自分でお風呂に入るときにムダ毛の処理をしていたのです。
そこで問題が発生したのが、おへそ周りのムダ毛でした。

 

へそ周りのムダ毛は案の定お腹のお肌に生えていますので、かなりデリケートなんです。
カミソリで当時は自己処理をしていましたので、なかなか際どいものがありましたとも。
結局カミソリでお肌を傷つけることが多発していて、
そこから雑菌なんかが入ったらとんでもないことになっていたでしょうね。

 

赤くなるのはいつものこと。そこで私は脱毛をしようと考えたのです。
最初にへそ周り 脱毛に挑戦しようと思ったのが去年の夏でした。
私は当時かなり売れていると人気のあった家庭用脱毛器を購入して、
綺麗にしてみたんですけど、結局何度やっても生え続けてきました。

 

そして1年経った現在では、脱毛器での処理はあきらめて、
家の近くにあるエステサロンに1年契約をして通っております。
なんだか今まで無駄に頑張っていた感を味わっているような気がしますけど、
まぁあれはあれで大変だったけどいい思い出でした。

 

そんなわけでへそ周りの脱毛をしようと思ったら、お肌が切れた、ということについて書いてみました。

下の毛の処理の仕方が分かりません。

世界では陰毛の脱毛は当たり前のことになっているようですが、
日本では、下の毛の脱毛なんてものは当たり前ではないですよね。
あまり興味がないのか、それとも、非常にデリケートな部分だから嫌悪感があるのか
どちらの理由かは分かりませんけど、いずれにせよ、下の毛の処理方法を知っている人はなかなか日本には大勢いませんね。

 

となると困るのがこれから生まれてくる子供たちです。
そういった子供たちはどのようにして下の毛 処理をしていいのかが分からず、
親には恥ずかしくて聞けませんから、大変な苦労をするかもしれません。

 

ただ、今では自宅に図書館がありますから(インターネット)、それを使えば一発で解決かもしれないですが。
ちなみに、私も簡単に下の毛の処理方法について調べてみたんです。
同じように下の毛の処理の仕方がわからない人が大勢いるようでした。
ほかにも、異性から見てどのように思えるのか、とか、悩みに関する質問が多かったですね。

 

で、結局そういったムダ毛の問題を解決する手っ取り早い方法は、どれも1つです。
脱毛エステサロンに通って、施術を受ける、安い脱毛コースを受けずに、できるだけ信頼できるコースで脱毛をする。
そういったありきたりな答えでした。

 

また、脱毛器についてはあまり信頼しないほうがいいとの答えも多かったような気がします。
安い脱毛きはまともにムダ毛を生えてこなくする機能がついていないからだそうです。

脱毛は整形とは言わないの?

私は別に無理に脱毛なんてしなくてもいいと思っています。
だって生まれもった体の一部を改造するような行為を私は認めたくないからです。
改造というと響きは最悪ですよね。別の言い方をすれば整形とでも言いましょうか?

 

よく、整形をしていたアイドルはブスだと批判されるように、
脱毛をして綺麗になったお肌をさらけ出している女性は非難されればいいのにと、
どうしてか考えてしまうのです。

 

私は女性ですけど、ムダ毛はそんなに生えていませんし、普通はそんなに生えないものだと思っています。
逆に、剛毛で悩んでいるような人を見ると、どうして女なのに剛毛なの?
女性ホルモンをもっと増やした方がいいんじゃないの?とも思っちゃうんです。
性格が悪いのかもしれませんけど、整形はダメだと断言します。
脱毛したい! 最も人気の脱毛エステサロンをランキングでご紹介!

 

とは言え、私も実際のところ脱毛している友人を見てもなんとも言いません。
心の中では整形している・・・と思っていますが、そんなことは可愛そうなので言いません。

 

でも、よくよく考えると脱毛エステとかに通ってムダ毛を撤去してもらうだけだから、
それって整形って言わないんじゃないかな?と最近思うようになってきたのです。
結局、私も将来的には脱毛サロンに通うことになるのかな・・・??


ホーム RSS購読 サイトマップ